本文へ移動

会社沿革

会社沿革

昭和26年(1951)
大阪市東住吉区加美橘町(現平野倉庫)で創業。(創業者 今川金治)
昭和39年(1964)
八尾新工場で操業開始。
植物油脂のほかセバシン酸の製造を始める。
昭和46年(1971)
本社新社屋が完成。
昭和49年(1974)
柏原駅前に豊永ビルが完成。
昭和56年(1981)
大型製油装置を増設。資本金72,000,000円に増資。
昭和57年(1982)
脂肪酸連続反応設備を増設。
昭和59年(1984)
樹脂反応装置を増設。
昭和60年(1985)
脂肪酸加工装置を増設。
昭和63年(1988)
四日市市臨海地に工業用地(10,000m2)を取得。
平成元年(1989)
脂肪酸エステル装置を増設。
平成5年(1993)
東京営業所開設。
平成5年(1993)
代表取締役社長に今川和明が就任。
平成6年(1994)
ISO9002 認証取得。
平成7年(1995)
三重県津市に工場用地(33,000m2)を取得。
平成8年(1996)
資本金92,000,000円に増資。
平成9年(1997)
三重工場完成。
平成10年(1998)
三重工場 ISO9002 認証取得。
平成12年(2000)
三重工場 ISO14000 認証取得。
平成14年(2002)
三重工場二期工事完成。
平成16年(2004)
三重工場、タンクヤード・危険物倉庫増設。
平成20年(2008)
三重工場、事務・研究棟新設(三期)。
平成22年(2010)
本社工場、燃料を重油から都市ガスに変更。
平成26年(2014)
本社事務所棟および老原倉庫にて太陽光発電を開始。
平成26年(2014)
大阪ものづくり優良企業賞2014受賞。(知的財産部門賞、優良企業賞)
平成27年(2015)
三重工場にて太陽光発電を開始。
平成28年(2016)
淡路島にて太陽光発電を開始。
平成29年(2017)
代表取締役社長に今川博道が就任。
平成29年(2017)
和歌山にて太陽光発電を開始。
平成29年(2017)
東京営業所移転。
令和2年(2020)
三重工場増設工事(四期)完成。
令和3年(2021)
創立70周年を迎える。
TOPへ戻る